披露宴のマナーを知る

結婚式のマナーを改める

恥をかかない結婚式のマナー

結婚式に招待されると、女性は何を着ていくか頭を悩ませることは多いと思います。基本的に花嫁の色である白は避け、露出を控えた服装をしていくことがマナーです和婚の場合は神前で行われるので、露出が激しくアクセサリーで飾り立てた姿だと悪目立ちしてしまい、招待客から白い目で見られる恐れがあります。マナー違反をすると招待した側も同じレベルだとみなされて迷惑がかかるので気を付けましょう。和婚の場合、着物で参列すると華やかで結婚式の格が上がり、新郎新婦から喜ばれます。季節に合った柄を選び、立ち居振る舞いに気を配って参列しましょう。

和婚式に招待されたときのマナー

結婚式に招待されて、それが和婚だった場合露出しすぎない服装で参加するのがマナーです。和装の花嫁の後ろに、肩も足も丸出しの招待客がいたら折角の和婚の格が下がってしまうので、ドレスを着ていく場合は肌を露出しすぎない・アクセサリーをジャラジャラつけたり髪型を凝りすぎて華美になりすぎないようにするのもマナーです。どうせなら、着物で参加すると華やかさとお祝いムードが増して年配の招待客にも喜ばれるのでおすすめです。婚礼衣装と柄が被ることはまずありませんが、親族は黒の留袖を着るので、黒色の着物は結婚式では避けましょう。

結婚式のスタイル情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 結婚式のマナーを改める. All rights reserved.